右手首の角度ホールドの重要性2013/09/16 17:27

"ゴルフは全てダウンブロー"とかの佐藤精一プロが言ってますね。
かようにゴルフスイングにとってダウンブローは基本の基のようです。

 そこで昨今の練習で自得したのは、このダウンブローを実現するためインパクト時のハンドファーストの構えで作られる右手首角度固定の重要性である。

 これはドライバーからパターに至るまで全てのクラブで言えることで、この右手首の角度ホールドを実行すれば先ずは ミート率、方向性が飛躍的に向上する。

 すなわち アドレスセット時、ハンドファーストに構え、脱力して クラブを右肘を支点に最短距離で持ち上げ、トップ位置に持ってきたとき、その右手首はアドレスセット時と同じ角度をホールドして、且つ、クラブヘッドがトップで踊らないように意識する。

 それから切り返しもとのアドレスポイントに向かって同じ右手首の角度でインパクトし振りぬく。

 ショートアプローチも同様で体幹でクラブを振るとき、ハンドファーストでの右手首の角度をホールドして振れば上手くゆく。

 これはパターも同じで 左足かかとの後ろにボールをセットし、腰を安定させ、腕は五角形をキープして このとき 右手首の角度をホールドしながらパットすることでボールは目標に向かってまっすぐ転がってゆく。

 要は"右手首の角度ホールド"が上手く行けば先ずは思い通りの結果が得られるのである。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://morgen.asablo.jp/blog/2013/09/16/6983732/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。