右手首の角度ホールドの重要性2013/09/16 17:27

"ゴルフは全てダウンブロー"とかの佐藤精一プロが言ってますね。
かようにゴルフスイングにとってダウンブローは基本の基のようです。

 そこで昨今の練習で自得したのは、このダウンブローを実現するためインパクト時のハンドファーストの構えで作られる右手首角度固定の重要性である。

 これはドライバーからパターに至るまで全てのクラブで言えることで、この右手首の角度ホールドを実行すれば先ずは ミート率、方向性が飛躍的に向上する。

 すなわち アドレスセット時、ハンドファーストに構え、脱力して クラブを右肘を支点に最短距離で持ち上げ、トップ位置に持ってきたとき、その右手首はアドレスセット時と同じ角度をホールドして、且つ、クラブヘッドがトップで踊らないように意識する。

 それから切り返しもとのアドレスポイントに向かって同じ右手首の角度でインパクトし振りぬく。

 ショートアプローチも同様で体幹でクラブを振るとき、ハンドファーストでの右手首の角度をホールドして振れば上手くゆく。

 これはパターも同じで 左足かかとの後ろにボールをセットし、腰を安定させ、腕は五角形をキープして このとき 右手首の角度をホールドしながらパットすることでボールは目標に向かってまっすぐ転がってゆく。

 要は"右手首の角度ホールド"が上手く行けば先ずは思い通りの結果が得られるのである。

ドライバーショットの確立2013/09/18 19:37

右手首の角度ホールドの重要性を認識して、ドライバーショットの集大成を目指す。

ゴルフの本質として海老原清治プロ 曰く

「アマはバックスイングがおろそかで、クラブが十分に上がっていない。そのためボールが飛ばないし、ミスが多い。長くゴルフをやっているわりに充実感がないのは、しっかり打てたというヒット感がないせいだ。」

と言ったことは前述の通りである。

 これを払拭するために次のことを意識してスィングする。

即ち、
・クローズドスタンスは大きくバックスイングができ、インサイドインの軌道を取りやすく、飛ばしに必要な右手も強く使えるのでこの構えをとる。。
・バックスイングは右肘を支点にして最短距離で持ち上げ、カップからボールまで引いた仮定のラインの逆に上げる。右手首の角度固定で上げられるだけ上げたら、切り替えしでいやでも強く下りてくる。
・ボールは右手で打つ。右手首の角度固定で打てば正しい軌道になる。

である。

 この方法で 充実感 のあるドライバーショットの習熟を目指す。

この2,3日の練習では方向性にばらつきがあるものの従来より飛距離が10~20ヤードほど伸びてきたし、打感の充実度が増してきた。